ファシュタと仙台七夕と玄くんと

Fujifilm   X100

 

会津の銘酒「風が吹く」を口に含み、勝山館の無添加ソーセージ、ヴァイスブルストを頬張る。

イノシン酸とグルタミン酸の口中調理の為、日本酒であれば何でもいい訳ですが。

 

七夕最終日の日は家族で玄くんが居るお店へ。

久しぶりの再会、ファシュタも、玄くんの人柄、料理も、ステキな音楽も、スタッフさんも、本当に素晴らしいお店。玄くんの新譜が10月に出るとの事。

少し聴かせてもらう。素晴らしかった。

 

七夕はカップルが別れるという伝説がありますが、そりゃ暑い中、人混みを進む訳ですから。

聖人君主でもイライラするんじゃないかと思いますよ。

それでも私は七夕は好きです。理由は七夕様という名曲がとんでもなく名曲だからです。

仙台関係ないか。 

 

七夕期間中は市民広場のステージでヴァイオリンにて。トリでバッグバンドで参加しておりました。

昨年もでしたが、なぜかステージ上は凄く気持ちのいい風が吹くんです。

 

コンサートも来月と、迫ってまいりました。