8月はそうでもなかったのですが、

9月はレコーディングやパーティー演奏などの機会を沢山頂くと同時に、10月から始まる事の準備。

ヴァイオリン、ドラム、パーカッションの事、宮沢賢治さんの作品の効果音に使う楽器探し、楽器制作、曲を覚える事、作曲、ボディパーカションの勉強、個展の準備などなど、、頭から煙が出る日々です。

 

なかなか時間が取れずにいますが、大好きなラーメンを食べる時間だけは確保しています。勿論麺屋こぶしさんです。

 

先日のウエスティンの一舞庵さん、湯主一條さんしかり、本当に音楽をやっていて良かったと思っています。

 

途中は本当に苦しい時期もありましたが、つくづく、自分は人に恵まれ、生かされているんだと強く思いました。

 

本当にありがとうございます。